フロラダイル

フロラダイルのホワイトニング持続期間

投稿日:

ホームホワイトニングで白い歯を持続できる期間って一体どのくらいか気になるところですね。

本当に歯を白く持続できる期間は個人差があって、コーヒーをよく飲む人やタバコを吸われる方は、歯が白く維持できる持続期間は短くなります。

女優の菅野美穂さんの有名な話では、彼女はコーヒーがすごく好きで、歯に着色汚れが付着するのを嫌い、ストローを使って口の端っこからコーヒーが付着しないように飲んでいるそうです。

想像すると笑っちゃいますが、それだけコーヒーが好きで止められないということですね。

よりホワイトニング効果を持続させるためには、着色性の強い食品であるカレー、コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコなどは避けるべきです。

 

コーヒーや紅茶には、着色汚れの原因となるポリフェノールやタンニンが多く含まれています。赤ワイン、カレーもそうです。タバコにはタールという着色汚れになる成分があります。

長年の蓄積で、このポリフェノールやタンニンが歯の表面に付着して、歯磨きだけでは汚れが落ちないようになっています。ですから、これらの食品はできるだけ避けるべきです。

これらの食品がどうしても我慢できない場合は、ホワイトニング効果が非常に短くなりますが、対策案も以下に列挙しておきます。

着色汚れの原因となるポリフェノールが含まれているコーヒーや赤ワインを飲んだ直後に、水で口をすすぐことで、着色をある程度予防することができます。

そして、歯の定期検診を細かく受診することも1つの手です。付着してすぐの着色汚れなら歯医者さんで簡単に除去できます。

これらの着色汚れの予防をしながら、より長くホワイトニング効果の持続期間を延ばしましょう。

 

話を元に戻しまして、一般的にオフィスホワイトニングで歯を白く持続できる期間は、3か月から半年と言われています。ポリリングホワイトニングの場合でも、約半年くらいです。

対してフロラダイルのホワイトニング持続期間は1年~2年で、オフィスホワイトニングの倍の期間も歯の白さを持続できます。

その秘密は、フロラダイルの中に植物由来のイヌリンという成分が含まれているからです。

このイヌリンは、歯の中の汚れの原因となる細菌を殺すための微生物を増殖させる効果があり、人体に良い影響を与える天然のお掃除屋さんと呼ばれています。

このイヌリンの効果で、本来の歯の白さを取り戻す美しい仕上がりができます。これから一生付き合う歯だからこそ、フロラダイルは自然の力でナチュラルな白さにすることを目標においています。

このイヌリンのおかげで、一般的な歯科でのホワイトニングより素早く、倍以上の長いホワイトニング持続効果を得られます。

 

-フロラダイル

Copyright© フロラダイルの効果は?口コミと評判をまとめました , 2019 All Rights Reserved.